洗面化粧台リフォーム

限られたスペースを有効活用
清潔で動線がスムーズな空間づくり

洗面所は家族みんなが、洗顔・メイク・歯みがき・脱衣・洗濯など、毎日様々な目的で利用されます。色々なニーズを叶えるための洗面台選びは、洗面所のリフォームにおいて重要なポイントになっていきます。洗面所でどんなことをするのか、どんな風に使いたいのか、色々な要望をお伺いしつつ、いままでの施工経験から学んだアイディアを、ご提案させていただきます。
 
洗面台を変えたいと思っている方、同時に洗面所の見直しもいかがですか?

よくあるお客様のお悩み

  • 洗面ボールが小さく使いにくい
  • 掃除が大変
  • 洗面所が寒く、脱衣が辛い
  • 収納が少なく、整理が難しい
  • 鏡が曇りやすく使いにくい

このようなお悩みはよく聞かれます。解決するために、私たちが力になります。少しでも気になることがあれば、まずはご相談ください。

洗面台の形状

洗面台の形状やサイズ、デザインは様々あります。洗面台を設置する場所の広さに合わせてサイズを決めます。
目的に合わせてボウルの形状を選び、高さもしっかりチェックしていきます。

大きくわけて洗面台は2つのタイプに分けられます。

  • 【スタンダードタイプ】
    洗面としての機能が充実したスタンダードタイプ。

  • 【カウンタータイプ】
    2㎜単位(カウンター)でサイズを決めれる上質なドレッサー。

洗面台リフォームのポイント

こんなポイントを押さえておくと、理想的な洗面台につながります。

POINT 1豊富で実用的な収納

洗面台は、家族全員分の洗面用具が収まる収納が必要です。別途収納を設置してもいいですが、スッキリとした洗面所にするには、洗面台自体の収納が大切です。また、どこにしまったのか分からなくならないように、実用的な動線の確保もポイントになります。

豊富で実用的な収納

POINT 2見落としがちなコンセントの位置

意外に重要なのは、コンセントの位置です。ドライヤーなどを使う時には外部コンセントを使い、電動歯ブラシやシェーバーなどの充電に便利なのは内部コンセントです。外部コンセントは、家族が右利きか左利きかで、ドライヤーをする際に使いやすいコンセントの位置も変わってきます。実際の生活スタイルを想像しつつ、一緒に考えていきましょう。

見落としがちなコンセントの位置

POINT 3生活スタイルに合わせたボウル

洗面台のボウルは、家族の人数や共働きなどによって、必要な数も変わってきます。朝の通勤・通学の時間は重なりやすいので混雑しないための工夫も大切です。1階・2階の両方に設置するのか、一つの洗面台でツーボウルにするのか、左右どちらかに寄せたものにするのか、ご家族に合わせた使いやすい形をご提案させていただきます。

生活スタイルに合わせたボウル

取り扱いメーカー

LIXILタカラスタンダード
お電話でお問い合わせ0268-35-2208
お問い合わせ フォーム
PAGE TOP